急な出費にも対応の消費者金融

消費者金融のキャッシングは早さに特徴があり、大手の人気消費者金融であれば最短即日の融資も可能となっています。当日中に借りるためには時間などの条件を満たす必要がありますが、当日中の取り扱いに間に合えばその日のうちに来店不要でお金を借りることもできます。

 

来店不要での借り入れとなれば店舗や契約機まで行かずに銀行振り込みで借りられるために便利で、内緒で借りたい方も安心です。ただ、銀行振り込みでの借り入れは平日に限られる場合がほとんどであるのと、加えて時間の制限が厳しくなるために申し込み時間によってはその日の扱いに間に合わない可能性が高くなります。

 

今日中に借りたい状況では翌営業日扱いとなってしまうのは致命的でもあるため、早くに借りたい方、できれば今日中に借り入れを行いたい方は、銀行振り込みではない契約機の利用によるカードの受け取りと、ATMでの借り入れを考えてみると良いでしょう。

 

銀行振り込みでは間に合わない場合も

来店不要の銀行振り込み融資を当日中に利用するためには、大手消費者金融のプロミスを例に挙げると平日14時までのWeb契約完了が条件となっています。審査回答は最短で30分となっているため、最短で審査が終わっても確認や契約の手続きもあるため、申し込み時間が13時あたりになってくると当日中の借り入れが難しくなります。

 

それよりも前の時間でも申し込み内容や審査の進み方によっては時間がかかるため、お昼頃や午前中に申し込みを行ったにも関わらず契約が夕方になってしまい、その日のうちの振り込みに間に合わないといった状況も少なくありません。

 

銀行の営業時間の関係で仕方が無く、14時を過ぎてしまうとその日のうちには振り込みができずに翌営業日扱いとなります。翌日が平日であれば明日の振り込みでそこまで大きなロスはないものの、金曜日に申し込みをして14時を過ぎてしまうと借り入れは最短でも翌週の月曜日となります。もちろん連休で月曜日が銀行休業日の場合には借り入れがさらにずれ込むため、借りられるときになったら既にお金が必要なくなっていることも考えられます。

 

来店不要で便利な銀行振り込みによる借り入れですが、時間が間に合わなかった際にはどうしても困ってしまう部分もあります。素早く今日中に、夕方や週末でも借りたいのであれば別の方法、契約機を利用する手続きによるキャッシング利用を考えてみると良いでしょう。

 

プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、22時までの口座登録で曜日や時間を問わない24時間最短10秒振り込みの「瞬フリ」による早い振り込みの借り入れも可能です。ただ、銀行振り込みは通帳に記帳されてしまうデメリットもあるため、利用は慎重になった方が良いです。

 

早くに借りるなら契約機を使う

一昔前は消費者金融の申し込みと言えば自動契約機の利用が主流でしたが、インターネットの普及により今ではあまり聞かなくなっています。しかし、自動契約機は大手消費者金融ではまだまだ健在で、特に早い借り入れを希望する方、カードの自宅宛の郵送が困るといった方に広く利用されています。

 

来店不要のWeb契約では後日にカードが郵送されてしまうため、受け取りの際に家族に見られてしまう可能性があります。封筒にはサービス名などは書かれていないために分からないようになっていても、本人限定受取郵便で届くと怪しまれてしまう可能性があります。

 

その点、契約機を使う手続きならその場でカードや契約書類を受け取るため、後日の余計な郵送物はありません。内緒で借りるには適しており、さらに銀行振り込みよりも当日中の借り入れが可能となる対応時間が長く、平日でも土日でも営業時間内や対応時間内であれば夕方や夜でも申し込み当日の借り入れも可能となります。

 

早い借り入れを考えるなら自動契約機での手続きが優れており、契約機に行く前にネットで予め申し込みを済ませておけば、審査の待ち時間も短縮できます。契約機での申し込みを行うよりも事前にネットで審査を終えている方が契約機での手続き時間が短くなるので、より素早く借りたいのであればネットでの審査を終えてから契約機まで行くようにしましょう。

 

ネットで申し込みを行っておく大きな利点

契約機に行く前にネットで申し込みを行う利点は早さの面だけではありません。審査の結果によっては借りられない場合もある消費者金融では、契約機まで行って申し込みをしたのに審査落ちとなってしまい、結局は契約機まで行った時間も申し込みのために書類に記入した手間も全て無駄となる場合があります。

 

貸金業法が改正されてからと言うもの、一昔前に比べると審査基準も比較的厳しくなっている大手の消費者金融では、半数程度の方は新規申し込みでの審査落ちとなっています。わざわざ契約機まで行って申し込みをしても半数程度の方は審査に落ちてしまうので、時間や手間を無駄にしないためにもどこからでもいつでも申し込みが行えるネットでの手続きを進めておくべきなのです。

 

ネットなら審査結果はメールで連絡

ネットでの申し込みを行った際の審査回答は、多くの場合でメールでの連絡となります。空き時間に申し込みをしておけばメールで審査結果の連絡が届いているので、審査結果がOKとなっていれば時間が取れたときに近くの契約機まで行けば良いです。仮に審査落ちとなってしまっても、メールで結果が伝えられるだけなので契約機まで行くはずだった時間や手間が無駄になりません。

 

審査回答の待ち時間を無駄にしない

大手の消費者金融では多くが最短30分の審査回答と早いですが、契約機で申し込みを行うとなれば30分程度はその場でじっと待たなければならず、申し込み内容によっては審査に時間がかかることもあるため、場合によっては30分を超える時間もその場で待つ必要があります。しかし、ネットでの申し込みであれば空き時間に申し込みをしておけば良いため、その場で待つ必要もありません。

 

申込用紙への記入が不要

パソコンでもスマートフォンでもネットでの申し込みであればWeb上での必要事項の入力となるので、申込用紙への記入は不要となります。内容によっては契約の際に記入が必要となる場合がありますが、契約機での名前や住所、その他の様々な項目まで記入をするのに比べれば手軽です。字を書くのが苦手な方であっても、ネットでの申し込みであれば安心ができます。

 

契約後は限度額内で繰り返し借りられる

Web契約でも契約機を使う手続きでも、契約後であれば限度額内で繰り返し何度でも借りられます。モビットのWeb完結のようにカードレスの契約となるタイプもありますが、カードが発行されるカードローンであれば提携ATMを含めて幅広く便利に利用ができます。

 

限度額の範囲内なら再申し込み不要でカードを使って素早く借りられるので、消費者金融のカードローンは今だけでなく今後のお金に困ったときにも役立ちます。限度額を越えて借りたい場合には増額の申請をし、審査に通過をする必要がありますが、契約時に定められた限度額の範囲内なら申請も必要なく何度でも借りられるのです。

 

必要な分を必要なときに借りられる

限度額が50万円の契約となったとしても、何も50万円を全額借りる必要はありません。枠内で必要な分だけ借りれば良いので、10万円だけ必要であればカードを使って、または振り込みで10万円の融資を受ければ良いだけです。10万円を借りている状態で再びお金が必要になれば、50万円から借りている10万円を引いた40万円までは借りられます。

 

全額借りても返済をすれば借りられる

限度額一杯まで借りてしまったとしても、正常に返済を進めているのであれば返した分は申し込み不要で再び借りられます。全額借りているとしても毎月の返済で1万円を返済すれば、利用状況等に問題が無いのであれば返した1万円はそのまま借りられます。ただ、返して借りてを繰り返すといつまで経っても返済が終わらないので、注意が必要です。

 

人気の消費者金融で借りる

 
プロミス
プロミスの特徴

最短30分の審査回答と最短1時間融資対応で素早い借り入れも可能となる、頼れる人気の大手消費者金融です。平日14時までのWeb契約完了で来店不要の即日融資も可能ですが、14時以降や週末の場合にはネット申し込み後の契約機の利用で当日中の手続きができる可能性があります。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

より早くに借りたい場合にはネットでの審査完了後の契約機の利用が優れており、契約コーナーは全国各地に設置がされているので手続きが進めやすいです。

 

 

返済を考えた借り入れを行う

キャッシングでの借り入れ後は返済を行う必要があります。一括で返済をしないとなると毎月の分割での返済となりますが、毎月の返済に関してはしっかりと考えておかないと大きな負担となる可能性があります。

 

基本的にカードローンキャッシングは借り入れの残高によって毎月の約定返済金額が決まっており、大きな金額を借りると月々の返済金額が大きく、逆に少額の借り入れに留めておくと月々の返済金額が小さくなります。少しずつの返済で借りたいのであれば借り入れの金額を少なくしておくのがポイントで、余裕のある返済のためにも毎月の返済額には特に注意をして見ておく必要があります。

 

約定返済金額以上に支払う任意での返済もカードローンキャッシングでは可能となるため、毎月の返済額が5,000円であるとしても、10,000円の返済ができるのであれば入金が可能です。多めに支払った分は借り入れ残高の返済に充てられ、翌月以降にかかる利息が軽減されます。

 

返済時の利息は借り入れ残高で変わる

キャッシングの返済時に支払う利息は、借り入れの残高と借りていた期間、そして金利によって算出されます。期間は毎月1回の返済としていればほぼ一定で、金利も契約内容が変わらない限りは同じ水準となりますが、借り入れの残高に関しては返済状況によって大きく変わります。積極的な返済を進めて借り入れの残高を減らすようにしておけば、残高にかかる利息が少なくなるのです。

 

約定返済金額だけではなかなか減らない

毎月の返済は入金をした分が全て借り入れ残高の返済に充てられるわけではなく、その間の利息も含まれています。利息が2,000円かかっているとすれば5,000円の返済では借り入れ残高の返済は3,000円分しかならず、入金額に対する借り入れ残高への返済が思うように進みません。最低額となる約定返済金額だけの入金では、借り入れの残高はなかなか減っていきません。

 

完済を目指して返済を進めていく

キャッシングの返済は毎月の約定返済金額を入金すれば正常な返済とはなりますが、それだけでは完済までに何年といった長い期間がかかってしまいます。借りている期間が長くなればそれだけ利息もかさんでしまうため、なるべくなら早めに完済ができるように返済を進めていきたいものです。

 

早い完済のためには前倒しで返済を進める必要があり、毎月の返済金額を多くする、余裕があるときには任意での随時返済を行うなどといった効率的な返済を行うのが効果的です。約定返済金額を入金したからと言って余ったお金を自由に使うのではなく、借りている間は少しでも余裕があれば返済に回すようにしてください。

 

返済を積極的に進めておけば困ったときに追加でも使いやすくなるので、お金があるときに返済を進めておくのが基本となります。ただ、無理のある計画で返済を進めると長く続かないため、あくまで最低限の返済は余裕を持たせておき、余剰金がある場合には多めの返済をするなどの工夫も必要です。

 

計画的に使えばキャッシングは便利

消費者金融のキャッシングは銀行などの比べると金利は決して低くはありませんが、返済の進め方次第で支払う利息に関しては削減ができます。毎月にだらだらと支払ってしまうと負担が大きくなりますが、積極的に返済ができるような状態にしておけば金利による利息負担もそこまで気になりません。

 

借り入れも返済も計画的に進めればキャッシングは大変便利であり、特に早い融資も可能となる消費者金融は困ったときに助かります。周りに知られずに頼らずに必要な分を借りられるため、どうしてもお金が必要なときには消費者金融は頼れます。

 

使い方次第で便利にも負担にもなるキャッシングを役立てるためにも、無理のない返済計画となるような借り入れの仕方、使い方にしてください。